Boulangerie K plus

eat,eat,etc.

デロンギ ミニコンベクションオーブン購入

 

f:id:osa:20131110134334j:plain

最近、デロンギの ミニコンベクションオーブンを買いました。

というのも、4年程使っていたオーブントースターの調子が悪くて。トーストを2枚並べて焼けるのですが、焼きムラがひどくて位置を入れ替えたりひっくり返したりしないとうまく焼けない状態に。

いっそのことポップアップのトースターにするか…セントルで食べたトーストは美味しかったなーと思ったのですが、うちはピザトーストも好きだし、オーブントースターが欲しい。

そこで今年の春に発売されたらしいこちらの商品のことを思い出したのでした。

デロンギのコンベクションオーブンといえば焼き上がりの良さではコンスタントに評価のある家庭用コンベクションですが、普通にオーブンレンジがある家にはちょっと大きすぎて邪魔ですよね。今回発売されたこのミニコンベクションは一回り小さめなので、オーブンレンジに加えて設置するにはぴったりです。

オーブントースターに比べると値は張りますが、たまたま伊勢丹の通販でちょっと安めに買えるのを発見したので、思い切って購入。

届いてみると、すっきりシンプルなデザインがかっこいい! 表面のガラスにデロンギのロゴが輝いています。サイズは奥行きこそあれどかなりコンパクトに見えます。高さは20センチと、以前のオーブントースターより小さいぐらい。

庫内は上下にヒーターがあり、網は取り外し式で中央か下段に設置できます。

付属品として鉄板と穴空きプレート(油を落として調理できる!)、そしてデロンギのコンベクションオーブンと言えばこれ!のピザストーンがついてきます。

説明書に「最初は空焼きせよ」とあったので、15分程空焼きをしてから使用。まずはトーストです。普通のプルマンの食パンは2枚並べても奥行きがあるのでまだ余裕ありな感じ。説明書では、網を下段にセットして230℃で予熱せずで7〜10分焼く、となっているのですが、網を下段だとちょっと油断しただけで裏面が焦げてしまい、中央の段の方がよさそう。

何度か試したところ、個人的な感覚では5分にセットして予熱、ほんのり庫内が温まったところで食パンを投入すると、ムラなく表面だけさっくり焼けて、かなりいい感じです。

美味しいトーストのある朝は幸せだわ〜。

お菓子もつくってみようということで、スイートポテトなんてのも試してみました。

レシピはなかしましほさんの「みんなのおやつ ちいさなレシピを33」より。このレシピ、ちょこっと食べたいときにぴったりのおやつがいっぱいでいいですよ。

牛乳で煮たさつまいもをつぶして砂糖とバター、シナモン少々を混ぜ、鉄板に並べて卵黄を塗ってこんがりと。

f:id:osa:20131110135102j:plain

なかなかいい焼き色でおいしゅうございました。

そして、ピザストーンの威力も試してみなければいけません。

ピザ生地はホームベーカリーにおまかせで練って、その間に具材の準備と、ピザストーンの予熱。ピザストーンは温まるまでに15分かかるのがちょっとネックかな。。。

ピザストーンのサイズに切ったクッキングペーパーの上に四角く生地を伸ばし(これがけっこう難しい、すぐ丸くなってしまう)トッピングして焼き上げ。

f:id:osa:20131117122236j:plain

さすがコンベクション。焼きムラもあまりなく、きれいな焼き上がり。

オーブンレンジでもファンが回るので対流はさせてるんでしょうけど、こういう感じにキレイには焼けないんですよねー。

使っているとマイナス面もいくつかあって、まずドアにダンパーというかゆっくり閉まる機構がないので、持ち上げると「バタン!!」とかなり勢い良く閉まってしまうこと。あとドアを開けたときに網がスライドして出てくる、オーブントースターには必須のギミックもありません(網の位置を変えられる以上これは仕方ない)。

それから庫内に落ちたパンのカスの掃除がちょっと面倒。掃除できるように底面が開くようにはなっているのですが、底板は外れないので、ガラス面が上に向くように置いて、パカッと開いて掃除する必要があります。

焼き加減はコツをつかむ必要はあるものの、すっきりおしゃれなデザインがすてきで大満足。あと焼き上がり時の「チーン!」って音も、きれいな響きの音でなんかそれだけでも美味しそう。ヘルシオが大きいわりに庫内が狭いので、高さを除けばミニコンベクションで十分オーブン機能の代替ができてしまう。電子レンジだけのに買い替えてもいいかも、と思うぐらいです。

なにしろ、新しい調理器具はあるだけでも気分が上がるもんです。むふふ。