読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boulangerie K plus

eat,eat,etc.

iPhone5、交換される

iPhone5が新品になりました。

というのも、2週間位前だったか、ふとカメラで撮った写真を見ていたら、中央より少し右下にぼつっと変な黒点が写っていて。最初はカメラの表面が汚れてるのかなぁと思ったのですが、拭いても拭いても、試し取りしてみると残っている。

…あちゃー、これ、レンズの中にゴミが入っとるわ…

けっこうでかいので、これは放置する訳にもいかんし、ジーニアスバーに持って行けば取ってくれるのかな…といろいろ調べてみたら、なんとカメラのレンズにゴミが入った場合は、本体を新品と交換してくれるという情報を発見! なんとそれはありがたい。

というわけで、休みの日に銀座のジーニアスバーの予約を取って、いそいそと出かけました。

担当の人にカメラを起動してみせて「ここにゴミが入ってるんですよー」と言うと、レンズの表面を確かめるまでもなく「レンズにゴミが入った場合、レンズのユニットを交換するようなことができないので、本体ごと交換することになりますがよいですか?」と聞かれる。バックアップは取っていますか、などの確認をとって、なにやら調べている様子。

「…残念ながら、今日は在庫がないので、郵送でお送りすることになります」

えーーーーーー。

それは若干めんどくさいな…というわけで、銀座で交換してもらうのはあきらめ、渋谷のジーニアスの予約を取って電車に飛び乗りました。渋谷の方が家からは近いのですが、なんだか混んでる感じがして好きじゃなかったので銀座にしたのですが、それが裏目に出たわけですね…

渋谷のジーニアスバー(Lightningケーブルがキーボードから抜けなくなった事件以来、2ヶ月ぶり2度目の登場)に行くとまたしても大混雑。子どもを連れてるので動き回って待つのもしんどいしと、予約した時間よりやたらと早めに着いたのですが、すぐに対応してもらえました。

またカメラを起動してゴミが鎮座する様子を確認し、今回は在庫もあったのでその場で交換してもらいました。在庫を調べるのも引き渡して受け取りのサインをするのも全部iPadなんですねぇ。整備済み品なのか、交換後のiPhoneはキレイなもの、もちろんカメラにゴミなんてありません。前のは実は1回落っことして、外周のアルミの部分に傷がかなりついてたのですが、それもきれいになったのでちょっとうれしかったりして。

カメラのゴミ、検索すると入ってしまった人は結構いるようで。ケースで保護すりゃいいってものでもないので困りものですね…カバンや上着のポケットにしまうのもやめた方がいいのかもしれないが、そうもいかないですしね。

今度は入らないように祈るしかない!